制汗剤スプレーを使ってもワキガには全く効果がない理由

臭いをおさえるアイテムとして手軽に手に入れることができるのが、制汗剤スプレーですよね。
ワキガ体質で悩む人の多くもまずは制汗剤スプレーでニオイ対策をすると思います。

・・・が、思ったような効果を感じれない人がほとんどではないでしょうか。

ワキガのような強い臭いに対して、制汗剤スプレーを使う上で知っておきたいことをまとめています。

制汗剤スプレーではワキガの臭いは消えない?

結論的に、制汗剤スプレーではワキガ臭を抑えることは難しいです。

いくらスプレーする回数を増やしたり、1回の噴射量を多くしたところで臭いの変化を感じることはほとんどないでしょう。

というのも、制汗剤スプレーは消臭というよりも汗の分泌を抑えることを目的としています。
スプレーによっては香料つきなものも多数販売されていますので、ついでに香りづけもしておこうくらいなイメージです。

汗の量をおさえつつ言い方が悪くはなってしまいますが、汗くささを香料でごまかしているということです。

制汗剤スプレーではワキガの原因を防げない

制汗剤スプレーがワキガ臭には効果がない何よりの理由となるのが、ワキガの原因に対して働きかけないということ。

なんでもそうですが、原因を解消しない限りは問題って解決されません。

ワキガは、アポクリン腺と呼ばれる汗腺から分泌された汗がまず一つの大きな原因になります。

アポクリン腺から分泌された汗には、アンモニア等の成分が豊富に含まれているんですね。
そして、そのニオイ成分が皮膚にもともと存在する常在菌によって分解されます。

ニオイが分解された時にワキガのような強い臭いが発生することが分かっています。

このことから、ワキガの原因が汗だけではなく菌による影響も大きなものであるということが分かりますよね。
反対にアポクリン腺から分泌された汗であっても菌によって分解されないのであればワキガ臭は発生しないことになります。

しかし、制汗スプレーには成分を分解してしまう菌を殺菌する効果というのがありません。
汗の分泌だけを抑えたとしても、菌が存在する限りワキガ臭を防ぐことには繋がらないんです。

制汗スプレーはワキガ臭で悩む人に向けて販売されていない?

そもそもの話にはなってしまいますが、薬局で売られている制汗スプレーはワキガ臭で悩む人に向けて販売されているアイテムではありません。

ちょっと汗をかいて、ちょっと汗臭くなった人が制汗スプレーを使ってもらうことを目的としてるんですね。

『少し気になる体臭を防ぎたい』という人に対して制汗スプレーは非常に効果があり満足のいくアイテムであることは間違いないです。

が、ワキガのような刺激臭に対してを想定して作られているわけではないので制汗剤スプレーでワキガの悩みを解決するのは難しいことなんです。

制汗剤スプレーのせいでワキガ臭が悪化してしまうのは本当?

ワキガ体質の人が制汗スプレーを使う上で注意しておきたいことが、制汗スプレーのせいでワキガ臭がより悪化してしまう可能性があるということです。

制汗スプレーはガスを噴射剤として使っています。
その性質上、液体が気化してしまうことから噴射した箇所の熱を奪います。

スプレーするとお肌がひんやりしますよね。
それが気持ちいいと感じる人も多いかもしれませんが、繰り返し使用したり距離感が間違ってしまうと皮膚を乾燥させます。

やりすぎると凍傷を起こしたりの危険性もでてきます。

皮膚の水分を奪い乾燥させてしまうことは、皮脂の過剰分泌につながります。
皮脂はアポクリン腺から出た汗のニオイ成分を分解する常在菌のエサとなってしまうことから、菌の繁殖につながってしまうんですね。

制汗剤スプレーを使い皮膚が乾燥してしまい、通常よりも多くの菌が常在してしまうことはワキガ臭の悪化につながるのが分かるのではないかなと思います。

まとめ

制汗スプレーはワキガ体質の人に作られたものではありません。
そのため、強い刺激臭を抑える効果はほとんどないことが分かります。

香料付きのスプレーであった場合、その香りとワキガの強いニオイが混じり合って余計に嫌な臭いになってしまう人も少なくはありません。

ワキガの人が臭いを抑えるために、1日に何度も何度もスプレーを噴射することはワキガ臭を悪化させるだけなので控えるのが無難でしょう。

ワキガ体質の人は制汗スプレーではなく、ワキガの原因に対ししっかりと働きかけてくれるわきがクリームを使うことが何より効果を実感できますよ。

 

関連ページ